AK457 FOR SNOW MOUNTAIN ENTHUSIASTS

BLOG

北秋田を存分に。

CONTRIBUTOR_AK457 EDITOR
DATA_2016.01.28
AK457 FOR SNOW MOUNTAIN
ENTHUSIASTS

1月も、もうあと数日で終わり。

この一ヶ月を振り返り、ホームの八甲田を軸に秋田(阿仁・森吉)や岩手(夏油)、前回のブログでもご紹介があったように福島(アルツ磐梯)にも足を運び、東北地区を存分に楽しんでいるな、と。

さて、そのアルツ磐梯に行く前のお話です。

今回の秋田の旅は4日間。

ブログでおなじみのテレマーク山荘にて宿泊。

3

この日は、地元の方に案内していただき裏山を見させていただきました。

リフトもなく、自分の足で歩き、好きな斜面や地形を選べる。

5

まだ、積雪が足りないもののこれからの降雪しだいでは可能性がある場所で来年のak457のweb用撮影のスポットに決めました。

夜ご飯は、テレマーク山荘での楽しみの一つ、秋田の郷土料理。

だまっこ鍋

14

二日目は、北秋田市にある阿仁スキー場へ。

1

昨年から話を詰めていた企画で、スキー場内に誰でも遊べるコンセプトの”バンクドパーク”を造りに。

人の手を使わずにピステンで造るコースのイメージをオペレーターに伝えながら造るのですが、ピステンのオペレーションの技術が高いのに驚き。

2

そして今日、阿仁スキー場に訪れた方から写真をいただき、現時点のコース状態です。

7photo:M.K.

豪雪地区とも言われる、阿仁でも積雪不足。もう少し雪が集まれば、バンクの傾斜も上がり、他のプランも遂行できるのですが、。

それでも、個人的には充分楽しめるコースになっています。

是非、阿仁スキー場に行った際は滑ってみてください。

三日目からは、東京からのお客さんが訪れ地元の方に阿仁・森吉を案内していただきました。

11

八甲田とそっくりな風景。

15

案内人のyoshimasaくん。(写真:真ん中)

9

初日は森吉山頂で晴れ間が出て滑走が終わり、また白い世界へと、、

晴れ男がいたのか、それとも晴れ女がいたのか。

最終日の四日目は、予報が外れ天候は晴れ。

10

朝一のグルーミングバーンを存分に楽しみ、

6

元日に訪れた森吉神社に再びご挨拶し、その奥にある一の腰を目指す。

8

その奥には、旧森吉スキー場があり、滑走するとテレマーク山荘に着地。

ゲレンデから、山まで。晴れ間にピステンバーンとパウダーを存分に楽しみ、またこの阿仁も可能性のある山だな、と再確認。

ここは、また訪れよう。

RYOMA

スっと立つ、秋田杉。基は、この綺麗に立つ姿に惚れこみ、話はそこから始まりました。

12

今回、秋田に訪れたもう一つの用事は、自身が開発、販売しているハンドメイドパウダーボード”R&S”の芯材を東北で生まれた木(秋田杉)で使用してみたいと、地元の人たちの力をお借りして、製材所の見学。

13

今年は、乾燥から始めこの木でテストを繰り返し、来年や再来年に向けて可能性を導いてみよう。

R&S

 

 

 

 

AK457ミーティング in アルツ磐梯

CONTRIBUTOR_AK457 EDITOR
DATA_2016.01.27
AK457 FOR SNOW MOUNTAIN
ENTHUSIASTS

BURTONのW17(来期)ハードグッズ展示会&試乗会でアルツ磐梯に行ってきました。

ハードグッズの展示会でしたが、今回の私たちの主な目的はAK457チーム(クリエイティブディレクターの藤原ヒロシ、アンバサダーの近藤謙司、松本省二、保坂亮馬、BurtonのAK457担当者たち)が集まっての来期の勉強会とフィードバック交換会でした(残念ながらマサさんとシュンは来れなかった)。各自が実際にフィールドで着用した際に感じたことや改良点、新しいアイデアが出てくる出てくる。

夕食後から深夜まで話は尽きませんでした(喋りすぎて喉がカラカラw)

thumb_IMG_9312_1024

翌朝は朝一キャットに乗り込みます。それぞれのフィールドで忙しく活動している面々がこのように集まって一緒にライディングできるのは私たちにとってはとても貴重な時間で、なにより楽しいのです。

thumb_IMG_9323_1024

もちろん、新しいギアの試乗もしました。

thumb_IMG_9327_1024

thumb_IMG_9319_1024

thumb_IMG_9331_1024

US本社のプロダクト担当によるプレゼンテーション。
おもしろいギアありましたね。

thumb_IMG_9332_1024

メールでいろいろやり取りはできるけど、やっぱり実際に会って話して一緒にライディングするのが一番!なにかを作るってかなり大変だけど楽しいですね。

短い時間でしたが、時間以上に密度の濃い内容のミーティング。
そしてまたそれぞれのフィールドに帰って行きました。

thumb_IMG_9318_1024

 

 

 

スノーシューてくてく

CONTRIBUTOR_AK457 EDITOR
DATA_2016.01.12
AK457 FOR SNOW MOUNTAIN
ENTHUSIASTS

あらためて言うことでもないですが今年は雪が少ないですね。
でも少ないなりに楽しめることもありますね。

定期的に訪れたくなる大好きな秘境の秘湯があります。
バスで行ったり、那須岳〜朝日岳〜中の大倉尾根経由で歩いたり、いろんなルートで行っていますが、今回は栃木のマウントジーンズスキー場からスノーシューで。
thumb_IMG_8892_1024
ゴンドラ終点から遊歩道に向かって進みます。
thumb_IMG_8895_1024
冷たい風を受けながらの気持ちの良い山歩き
thumb_IMG_8903_1024
しばらく下ると見えてきます北温泉
thumb_IMG_8921_1024
時間が止まった変わらぬ佇まいにホッとする嬉しい瞬間
あとはひたすら温泉に浸かって寝るの繰り返し
湯治場ですから!
thumb_IMG_8922_1024
山間の日の出は遅い。翌朝は朝日を浴びてお風呂で温まる
thumb_IMG_8961_1024
雪が少ないと言っても雪山には変わりなく、今回スノーシューで歩いたルートは西向き斜面で乾燥したサラサラ雪。そのぶん寒い。

あまり重ね着をしたくなかったのでAK457 Light Down JKTと1st Layer、下は3L PNTで。歩いて暑くなったら脇のベント開放して換気。寒くなったらジップアップすれば、その下が薄着でも寒さ知らず。(ワタクシ荷物最小限主義のため、家からこの格好でしたが... 注:横着者とも言う)。 

目的があればボードを持たずに山に行くのも楽しいですよ〜。
オススメです。

2016

CONTRIBUTOR_AK457 EDITOR
DATA_2016.01.03
AK457 FOR SNOW MOUNTAIN
ENTHUSIASTS

あけましておめでとうございます。

年末年始は、今後お世話になるであろう北秋田市にある森吉阿仁で過ごし、AK457の僕のブログでおなじみの、テレマーク山荘さんでお世話になりました。IMG_5673

中に入ると、P助がお出迎え。IMG_5684

北秋田名物、だまっこ鍋で年越し。IMG_5687

ここの食事は、完全に郷土料理で本当に毎度美味しいです。

年が明け、まずは阿仁スキー場へと足を運び、ゴンドラに乗る。

雪が付いた秋田杉に囲まれた景色がまた最高。

IMG_5722

山頂に着き、森吉ローカルに案内してもらいながら今回の目的でもある森吉神社へ。IMG_5704

雪不足と言われる昨今、この状態を見ると少し安心します。IMG_5706

視界が開けると、正面には森吉山が見えますがこの日は生憎の濃霧。。IMG_5707

さらに、歩数を重ねると、、埋まりかけた森吉神社。IMG_5713

IMG_5710

今後の流れを報告しつつ、新年のご挨拶。

今回は、状況を考慮して行きたい斜面は我慢し、阿仁スキー場へと戻る。

IMG_5714

阿仁スキー場中腹にある、ロープトゥ。個人的に好きです。

IMG_5716

スキー場関係者との打ち合わせも済ませ、今シーズンから阿仁スキー場にて新たなパークと大会を開催しようかと秋田ローカルショップと一緒になり、楽しい地形の造形を目論んでいます。

また、詳細がわかり次第こちらでも報告します。

雪があればそれなりに。雪が少なくてもそれなりに。

今シーズンも安全に、楽しいスノーボード、スキーライフをおくりましょう!

今年もこちらのブログにアップしていきますので、よろしくお願いします。

 *今回の動画はこちらにてアップしています。

RYOMA

追記:2015年末に恒例の八甲田でburton/ak457のキーパーソンの方達とセッションしました。メーカー関係者が環境の厳しい地に来て、遊びながら仕事をする姿勢。

素晴らしく、嬉しく感じます。

スクリーンショット 2016-01-03 16.25.15 スクリーンショット 2016-01-03 16.25.32

 

 

  • 1