AK457 FOR SNOW MOUNTAIN ENTHUSIASTS
Team Bio

AK457 DEVELOPER

Masanori Takeuchi

Masanori Takeuchi
竹内 正則 (BURTON所属)

世界各地の雪山で培われた経験を基に、AK457プロダクトのクオリティーをさらに高めるべく、バックカントリーに必要なフィットや機能などのフィールドテストを行なうテクニカルディレクター。
バックカントリーの啓蒙と斬新なサービスを提供するため、新潟県上越市「光ヶ原」でのキャットツアーや、北海道「トマム」でのキャット・ヘリツアーなどを展開。

Photo: Tochi

AK457 DEVELOPER

Hiroshi Fujiwara

Hiroshi Fujiwara
藤原 ヒロシ (Fragment Design)

バックカントリーでのパウダーライディングをこよなく愛する音楽プロデューサー。
AK457プロダクトのフィールドテスト / フィードバックをはじめ、機能面に新鮮なビジュアルを与えるクリエイティブディレクター。

Photo: Tochi

AK457 TEAM RIDER

Shunsuke Hoshino

Shunsuke Hoshino
星野 俊輔 (BURTON所属)

高校時代は、地元の強豪校でエースで4番という、将来を期待された野球選手でした。しかし、スノーボードの魅力にすっかりと憑りつかれ、野球よりもスノーボードを選んだ根っからの山男、それが星野俊輔です。関温泉や赤倉温泉など妙高エリアをホームとし、竹内正則主宰の光ヶ原キャットツアーでガイドをしながら、日々バックカントリーのナチュラルな地形を相手にスノーボードを楽しんでいます。最近の俊輔のライディングスタイルからは想像できませんが、実はAir Mixなどトップライダーが集まるコンテストでの優勝経験もあり、自然が相手でも人工物が相手でも、その類い稀なボードさばきには定評があります。その辺が、業界内での高い評価につながっているのでしょう。自然をこよなく愛する俊輔は、週の大半を新潟県の火打山のヒュッテに単身赴任(?)しているそうです。

Photo: graffix

AK457 AMBASSADOR

Kenji Kondo

Kenji Kondo
近藤 謙司 東京都

国際山岳ガイド連盟公認ガイド。チョモランマ冬季北壁最高地点到達などの記録をもつ。エベレストの他、ローツェ、チョーオユー、マナスル、シシャパンマなど8,000m級の山々に14回以上登頂しており、世界最高齢の登頂者などを導いている。アルプスではアイガー・マッターホルンなどの山岳ガイドとして活躍。テレビなどのメディアにも多数出演。

AK457 AMBASSADOR

Shoji Matsumoto

Shoji Matsumoto
松本 省二 北海道_北大雪

1999年から2003年までカナダを拠点にライディングをし、それ以降は日本アルプス、カナダ、ニュージーランド、スイス、アルゼンチン、フランス、アラスカのバックカントリーをスノーボードで旅をする。現在、夏は富士山を中心に登山ガイドをし、冬は北海道北大雪にてTENGU Cat Toursのリードガイドを担う。

Photo: Shin Otsuka

AK457 AMBASSADOR

Ryoma Hosaka

Ryoma Hosaka
保坂 亮馬 青森県_八甲田山

プロとして世界各地を転戦したのち新たなスノーボードの魅力を発信すべく数年前より活動の場を八甲田に移し、業界問わず八甲田を訪れる人々にバックカントリーの素晴らしさを伝えている。
2012年に八甲田山を舞台としたDVD「八甲田-風と樹氷の山-」にメイン出演。春には八甲田国際スキー場にてボウルやバンクなどのスノーパーク、初のバンクドスラロームをプロデュースする。

photo: Numaku